蕨合気道会について

ご挨拶
本会は1984年に埼玉県蕨市の市民体育館内に創設されました。(公財)合気会師範 西尾昭二先生(2005年3月逝去)の指導で、「許す武道−入身、当て、禊の剣、三つの技術の充分な理解と体得無しに武道としての合気道は表現できない。」との理念の下、体術、剣、杖、居合道の稽古に励んでおります。
合気道は勝って人を倒すことで全てが済む武道ではありません。合気道の技は言葉であり、自分の技によって相手に語りかけ、また相手の技からその返事を受ける。合気道だから本当の触れ合いができるのです。合気道には試合がありません。ですから年齢や性別に関係なく、それぞれの体力や体調に応じて稽古を続けることができます。
稽古を通して、新しい、そしてすばらしい触れ合いが生まれることを願っております。

会長 田中 安彦